MENU

動脈硬化に効果のあるサプリメント

動脈硬化に効果のある成分はいくつかありますが、そのそれぞれに効果が違います。動脈硬化予防に効果のある成分は以下のとおり。

  • EPA・DHA
  • コエンザイムQ10
  • イチョウ葉エキス
  • レシチン
  • マグネシウム

などが、それそれ効果は違いますが、動脈硬化の予防に効果があります。

 

この中でも注目したいのが、EPA・DHAは、動脈硬化予防だけでなく中性脂肪やコレステロールを下げる効果もありますので、生活習慣病が気になる人にお勧めです。

 

動脈硬化サプリメント ランキング

きなり ←DHAサプリおすすめNO1

DHA・EPAは、魚らか取れる成分なので、魚くさいサプリが多いのが特徴ですが、【きなり】は、DHA/EPAが高配合にもかかわらず魚くささがないのが特徴です。また、血液サラサラのナットウキナーザも含まれています。動脈硬化の予防と中性脂肪を下げたい人にぜひお勧めのサプリメントです。
今購入すると、1か月分1980円で購入できます。(15日間の返金保証付)

 

DHA&EPAオメガプラス ←1日55円

コストパフォーマンスの高いDHA・EPAサプリならこれしかないというほど、他のサプリよりお買い得なサプリメントです。DHA&EPAオメガプラスは、お手ごろですが、配合量は通常のDHA・EPAサプリと遜色ありません。サプリメントは飲み続ける必要がありますので、お手ごろな価格はうれしいですね。
DHA・EPAサプリをコストパフォーマンスで選ぶなら間違いなくNO1のサプリメントです。

 

 

VCOサプリメント ←話題のココナッツオイル

VCOサプリメントは、メタボが気になっていながらも、生活習慣がなかなか改善できないという方に適した商品です。
話題のココナッツオイルは、高品質の中鎖脂肪酸が豊富に配合していますので、中性脂肪を効率よく減らすことができます。そしてココナッツオイルを手軽に摂取できるサプリメントタイプと言うことで人気急上昇↑
現在、1万本超の販売実績でも人気があるのが伺えます。また、全額返金保障制度もありますので、初めての方でも気軽に効果を試してみることができます。

 

いつでもやめられる定期コースで申し込むと、初月1980円!

 

動脈硬化の原因と対策

動脈硬化になる原因は、いくつか典型的な理由があります。例を挙げると、高血圧が動脈硬化に繋がりやすいのは一般的です。また、それ以外にも色々な危険因子があるので、きちんと頭に入れておきましょう。

 

喫煙はリスクが高い

動脈硬化の原因で、高血圧や肥満が思いつく方が多いかと思いますが、実のところ一番リスクが高いのが喫煙なのです。近年は禁煙治療も一般的になりつつあり、禁煙を志す人が増加しています。
ですが、現在も喫煙している人は多く、喫煙者自身のみでなく周りの人が副流煙を吸ってリスクが高まってしまう危険性もあります。現に、受動喫煙によって動脈硬化になる危険性も否定は出来ず、喫煙者が周りにいる環境にいる人は気をつけることが大事です。

高血圧や糖尿病の人

年齢や生活習慣病、食生活などが原因で、高血圧になっている人が増加傾向にあります。日本人の1/3が高血圧とも言われており、年配者の2/3が高血圧だという話もあります。しかし普通に生活をしていてもストレスが溜まってしまう世の中で、脂質や糖質が多めの食事が多い生活をしていると、コレステロールが溜まって血流が悪化するのも仕方ないとも言えなくはありません。
動脈硬化を診断する方法の一つに、コレステロール値が関係している事からも理解できるように、内臓脂肪を溜める肥満や糖尿病などは、動脈硬化を引き起こす原因になります。善玉コレステロールが減少し悪玉コレステロールが増加してしまわないように、食生活はきちんと栄養バランスを考えて摂りましょう。
他にも、運動をしなかったり十分に睡眠が取れないことも高血圧の原因で、動脈硬化に繋がると言われています。

 

 

動脈硬化とは

動脈硬化を学ぶ前に、血管のシステムを学びましょう。血管には動脈と静脈が存在し、動脈は心臓から体の隅々まで血液を運ぶ役割、静脈は体中から心臓に血液を戻す役割を行っています。
心臓から体の隅々まで血液を送りこみには在る程度の圧力が要り、これが正常に行われないと栄養素や酸素が血液によって運搬されなくなります。ですから、円滑に血液が送り込まれるよう、心臓に近い部分の動脈は太くて強く、先端になるほど細くなっていきます。反対に静脈は心臓に血液を戻す量に対して血管の大きさを自由に変えられ、薄くて柔軟な特徴があります。些細な切り傷などで血が出てしまった際はほとんどが大低静脈からの血液で、簡単に切れてしまうような性質がありながらも大きな怪我にならずに済む事が可能なのです。

 

動脈が硬い状態

動脈の血管の壁に老廃物が着きそれが老化すると、血流が悪化します。本来柔軟性があまりない血管なので、その上硬くなってしまうと、ちょっとした刺激で破れてしまうような状態になってしまうのです。これがまさに動脈硬化の状態です。

動脈硬化から動脈硬化疾患に

心臓から血液が体の隅々まで運搬されなくなってしまうと、体は動かなくなってしまいます。ですから、心臓はより強力な圧力をかけ血液を送り込もうとしますが、この強い力が血管に大きな負荷となるのです。
突然の圧力に持ちこたえられない血管は、唐突に破裂することがあります。これが心筋から生じる心筋梗塞、脳血管によって生じると脳卒中になります。どちらも命に関わる病です。
動脈硬化から生じる心臓病や脳血管障害は、動脈硬化性疾患と言われます。現に、日本人の1/4は、動脈硬化性疾患から死亡するケースが多いのです。自覚症状がほとんどない状態で突然命を落としてしまうことが多くあり、健康診断などでよくない結果が出たら気をつけたい病なのです。

 

更新履歴