MENU

動脈硬化に効果のあるサプリメント

動脈硬化に効果のある成分はいくつかありますが、そのそれぞれに効果が違います。動脈硬化予防に効果のある成分は以下のとおり。

  • EPA・DHA
  • コエンザイムQ10
  • イチョウ葉エキス
  • レシチン
  • マグネシウム

などが、それそれ効果は違いますが、動脈硬化の予防に効果があります。

 

この中でも注目したいのが、EPA・DHAは、動脈硬化予防だけでなく中性脂肪やコレステロールを下げる効果もありますので、生活習慣病が気になる人にお勧めです。

 

そんな動脈硬化対策にオススメしたいのが「動脈硬化サプリ」です。まずは今売れてる動脈硬化サプリをランキングでご紹介します。

 

動脈硬化サプリメント ランキング

きなり ←DHAサプリおすすめNO1

DHA・EPAは、魚らか取れる成分なので、魚くさいサプリが多いのが特徴ですが、【きなり】は、DHA/EPAが高配合にもかかわらず魚くささがないのが特徴です。また、血液サラサラのナットウキナーザも含まれています。動脈硬化の予防と中性脂肪を下げたい人にぜひお勧めのサプリメントです。
今購入すると、1か月分1980円で購入できます。(15日間の返金保証付)

 

もっと詳しく→ きなりの特徴・口コミへ

DHA&EPAオメガプラス ←1日55円

コストパフォーマンスの高いDHA・EPAサプリならこれしかないというほど、他のサプリよりお買い得なサプリメントです。DHA&EPAオメガプラスは、お手ごろですが、配合量は通常のDHA・EPAサプリと遜色ありません。サプリメントは飲み続ける必要がありますので、お手ごろな価格はうれしいですね。
DHA・EPAサプリをコストパフォーマンスで選ぶなら間違いなくNO1のサプリメントです。

 

 

もっと詳しく→ オメガプラスの特徴・口コミへ

VCOサプリメント ←話題のココナッツオイル

VCOサプリメントは、メタボが気になっていながらも、生活習慣がなかなか改善できないという方に適した商品です。
話題のココナッツオイルは、高品質の中鎖脂肪酸が豊富に配合していますので、中性脂肪を効率よく減らすことができます。そしてココナッツオイルを手軽に摂取できるサプリメントタイプと言うことで人気急上昇↑
現在、1万本超の販売実績でも人気があるのが伺えます。また、全額返金保障制度もありますので、初めての方でも気軽に効果を試してみることができます。

 

いつでもやめられる定期コースで申し込むと、初月1980円!

 

もっと詳しく→ VCOサプリメントの特徴・口コミへ

 

動脈硬化サプリメント売れ筋一覧

商品名

有効成分

最安値価格

きなり DHA・EPA、クリルオイル

1980円

オメガプラス DHA・EPA、スクワレン

1666円

VCOサプリメント ココナッツオイル

1980円

 

動脈硬化の原因と対策

動脈硬化になる原因は、いくつか典型的な理由があります。例を挙げると、高血圧が動脈硬化に繋がりやすいのは一般的です。また、それ以外にも色々な危険因子があるので、きちんと頭に入れておきましょう。

 

喫煙はリスクが高い

動脈硬化の原因で、高血圧や肥満が思いつく方が多いかと思いますが、実のところ一番リスクが高いのが喫煙なのです。近年は禁煙治療も一般的になりつつあり、禁煙を志す人が増加しています。
ですが、現在も喫煙している人は多く、喫煙者自身のみでなく周りの人が副流煙を吸ってリスクが高まってしまう危険性もあります。現に、受動喫煙によって動脈硬化になる危険性も否定は出来ず、喫煙者が周りにいる環境にいる人は気をつけることが大事です。

高血圧や糖尿病の人

年齢や生活習慣病、食生活などが原因で、高血圧になっている人が増加傾向にあります。日本人の1/3が高血圧とも言われており、年配者の2/3が高血圧だという話もあります。しかし普通に生活をしていてもストレスが溜まってしまう世の中で、脂質や糖質が多めの食事が多い生活をしていると、コレステロールが溜まって血流が悪化するのも仕方ないとも言えなくはありません。
動脈硬化を診断する方法の一つに、コレステロール値が関係している事からも理解できるように、内臓脂肪を溜める肥満や糖尿病などは、動脈硬化を引き起こす原因になります。善玉コレステロールが減少し悪玉コレステロールが増加してしまわないように、食生活はきちんと栄養バランスを考えて摂りましょう。
他にも、運動をしなかったり十分に睡眠が取れないことも高血圧の原因で、動脈硬化に繋がると言われています。

 

 

動脈硬化をサプリで予防しよう

動脈硬化とは?

動脈硬化とは読んで字のごとく血管が硬くなる症状や病気のことです。血管がかたくなるというのは人間の身体にとってとても大きなリスクを生み出します。具体的には血管が硬くなることで血液の循環がスムーズにいかなくなり心臓に負担をかけたり、血管がつまったり、身体に必要な栄養が循環せずになんらかの症状をもたらすことがありえます。

 

心筋梗塞や脳卒中、狭心症といった生活習慣病の発病リスクが高まるなど命にも関わる症状であることもわかります。
動脈硬化は主に血液中のコレステロールの増大によって引き起こされると言われています。現代人はコレステロールの摂取機会が多いうえに、生活習慣も乱れ気味でコレステロールが体内に溜まりがちですから、常にそのリスクを意識する必要があります。

 

動脈硬化の改善には基本的には生活習慣の改善、特に食生活の改善が重要であるとされています。なるべく早い内から意識的に規則正しい生活をおくることでその発症リスクを抑えられると考えられます。そうはいっても多様な生活をおくる中で常に最良な生活リズムを守れる人は多くありません。

 

そんな人には動脈硬化サプリを用いることで、あくまでも補助的な役割として動脈硬化の発症リスクを抑えるのもひとつの手段。では同ャク効果サプリは具体的にはどんな成分が入っていて、どのようなメカニズムで動脈硬化に効果的だと考えられているのでしょうか?

 

動脈硬化サプリに含まれている成分はどんなもの?

動脈硬化は基本的には生活習慣の改善によって予防する必要があります。具体的にはバランスの良い食生活、ストレスの軽減、肥満の解消、運動といったことが動脈硬化の予防につながります。

 

また具体的な成分としてDHA、EPA、ケルセチンといった食材に含まれている成分が動脈硬化に対して効果があると言われています。生活環境は自ら気合を入れて改善する以外にありませんが、サプリで動脈硬化を予防する場合はこれらの成分が含有されたサプリメントを使うことで動脈硬化予防が可能になるといえるでしょう。

DHA

DHAは青魚に含まれている成分です。悪玉コレステロールの分解効果や血液をサラサラにする効果があるため、とても健康にいい成分であるとされています。

 

しかし体内で作ることはできないため、原則食材から摂取する必要があるのですが、青魚を毎日食べると言うのもなかなか難しいものですよね。そのためDHAを配合したサプリメントが動脈硬化サプリとして販売されたりしているわけです。

EPA

EPAは血管を柔らかくしてくれる動脈硬化には心強い味方です。中性脂肪の低下などにも効果があるとされており、DHAとともに動脈硬化をはじめとした、乱れた生活習慣によっておこる病気のリスクを下げてくれます。

 

こちらも青魚に含まれている成分で、日常的な食事から補えない場合はサプリを使うことで摂取したいところです。

 

動脈硬化は血管の硬化や血液がドロドロになってしまったことによって引き起こされる症状です。そのため血液をサラサラにするような成分、例えばたまねぎのケルセチンや納豆のナットウキナーゼもとても効果的です。

 

また、これらの成分は同時に摂取することでより効率的に動脈硬化の予防に効果を発揮すると考えられているため、どれか一種類を摂取するよりもバランスよく摂取する事が好ましいでしょう。

動脈硬化サプリの選び方

数ある動脈硬化サプリの中からどんなものを選べばよいのか分からないこともありますよね。動脈硬化サプリを摂取するメリットは青魚や納豆といった限定的な食材にしか含まれない動脈硬化に効果的な成分を効率的に摂取できること。そしてそれらの成分は複数の種類を同時にとることでより高い効果が期待できるため、なにか一つの成分に特化したものよりもバランスく配合されているものの方が利便性は高そうです。

 

しかし、例えば青魚はよく食べるけど納豆が苦手・・・という方はDHAやEPAよりもナットウキナーゼを主体に配合しているものの方があっているといるでしょう。

 

動脈硬化サプリを選ぶ際は自分の食生活も改めて見直し、足りない成分を補えるようなサプリを選ぶことが大切。それこそが動脈硬化サプリに限らず、サプリメントの正しい使い方でもあります。

 

動脈硬化サプリの飲み方

動脈硬化サプリは薬などではなくサプリメントです。サプリメントとは栄養成分をダブレットなどに人工的に配合したもので、大抵は商品のパッケージに具体的な栄養成分の含有量や一般成人の摂取目安量が示されています。

 

もちろん体重や年齢、性別によっても求められる数値には誤差がありますし、食事から自然に摂取している分もあります。目安量はあくまてせ目安量としながら、まずは自分にはサプリでどれくらいの栄養を外部から得る必要があるのかを計算する事から始めることが大切でしょう。

 

動脈硬化サプリの副作用って?

動脈硬化サプリには副作用はあるのでしょうか?まずサプリメントそのものには基本的に副作用はありません。なぜならサプリメントは人工的に特定の栄養を配合した食品であり、薬とは異なるものだからです。

 

しかし、栄養も取り過ぎれば身体に害になります。たとえば今回ご紹介しているDHAとEPAは合わせて一日1gが理想摂取量とされています。これを大きく上回る数値を連続して摂りつづけると吐き気や下痢がおこると言われています。つまりサプリメントに対するというよりも、栄養そのものに対する副作用がおきるわけです。

 

本来自然の食品から栄養を摂る分には副作用がおきるほどのことは滅多に起こりえません。しかしサプリメントが手軽に手に入ることでこの基準値をオーバーしてしまう可能性はあります。

 

動脈硬化サプリにメインで配合されることの多いDHAやEPAも、青魚から直接とろうと思うとかなりの魚を食べる必要がありますが、サプリメントを過剰摂取すれば副作用がおこる状態にもなり得るということです。

サプリに頼りすぎない生活習慣作りも

なかなか摂取できない栄養を手軽にとれるサプリメントは現代人の心強い見方。一方でサプリに頼り切って食生活を疎かにしたり、他の生活習慣を乱れたままにしておけば着実に動脈硬化を進行させるリスクを高めることに・・・。まずは自らの生活習慣をしっかり改善して、その上で足りない栄養分を補うように心がけたいところですね。

 

 

動脈硬化サプリをうまく使って健康体を維持しよう

いかがでしたでしょうか?
動脈硬化は本当怖い病気ですが、現代人の生活スタイルを根本的に改善しないと完璧な対策は難しい病でもあります。

 

そのため動脈硬化サプリは動脈硬化の予防に心強い見方となってくれそうですね。
あくまでもサプリメントであって薬ではありませんから、そのあたりはしっかりと理解して、気になる方は気休め程度に使ってみるのが良いかもしれません。過信はは禁物、生活習慣の見直しも忘れないようにしてください。

更新履歴