MENU

動脈硬化と喫煙について

最近は禁煙が広まり、多くの喫煙者が禁煙をしたり試みたりしています。
それは、タバコが健康に非常ひ大きく関わることがどんどん証明されてきているというのも一つの理由でしょう。
誰しも長生きはしたいものです。
実は喫煙も、動脈硬化を引き起こす原因の1つなのです。
ではどうしてタバコが動脈硬化に関係するのでしょうか。

 

動脈硬化の最も危険な点

動脈硬化が生じる要因は、生活習慣病や食生活が乱れることで肥満になってしまうことが主な要因かと思ってはいませんか?
無論、肥満はメタボとなり、動脈硬化のリスクを高めます。
しかし、それよりもリスクが高いのが喫煙です。
どうしてタバコが動脈硬化のリスクを高めるのかと言うと、タバコには有害物質が豊富に含まれているからなのです。
中でもタバコの煙には有害性が高く、一酸化炭素、ニコチン、活性酸素などのフリーラジカルなどが主な物質です。
一酸化炭素が血液の中の濃度を濃くすると、動脈の内壁に大きな負担となります。
そして負担がかかった血管から悪玉コレステロールなどが侵入しやすくなり、動脈を硬くする原因となります。
タバコは吸ってても何一ついいことはありません。

 

副流煙にも気をつけて

タバコを吸う本人のにみ害があるだけではなく、喫煙している周囲の人が煙を吸い込むだけでも動脈硬化になる危険が高まります。
家族が喫煙者だったり、職場などで副流煙を吸う機会が多い人などは、気をつけるようにしましょう。
肥満でもないのにどうして動脈硬化になるのかと衝撃を受ける前に、周りの人にそれとなく禁煙をお勧めするのもいいでしょう。

 

動脈硬化サプリランキングへ