MENU

動脈硬化と高血圧について

高血圧は、ある程度歳を取らないとならにと思っている方もいるのではないでしょうか。
現在、日本人の成人している人で3人に1人は高血圧の症状があり、若い人でも高血圧になる可能性はあります。
高血圧が進み動脈硬化になり、加えて心筋梗塞や脳卒中を併発して死に至る人は、1年のうちに5千人もいます。
動脈硬化を引き起こさないために、高血圧を改善し、防ぐことが大事です。

 

動脈硬化について

血圧とは、心臓が体中に血液を運搬する際と体中から血液が心臓まで戻る際の圧力を言います。
健康診断などで血圧を測るのが普通で、これによって体が健康かどうかの状態が判明します。
血圧が高くなっていることを高血圧と呼び、心臓から体中に血液を運搬する際に圧力が強力にかかっていることを表します。
これは何かの理由で血管に詰まりが起きている証拠であり、血液がスムーズに流れていない状態です。
このままの強力な圧力がかかっている状態の血管でいると、血管が破れてしまう恐れがあり、これによって心筋梗塞や脳卒中に繋がることがあります。
動脈硬化になっていると血流が悪くなるので、心臓には強い圧力がかかって血流を良くしようとします。
すると血圧が上がり、リスクも高まるのです。

 

高血圧からの動脈硬化

高血圧になると、常時強い圧力が血管にかかるので、動脈がダメージを受けやすくなります。
またはだんだんとダメージを受けていくため、心臓がより強くなろうと心筋を増やそうとしていきます。
すると心肥大となり、必要以上に心臓が働こうと頑張るのです。
他にも、動脈も強くなろうと頑張ってしまうので、だんだんと血管の内壁が厚みを増していきます。
これが動脈硬化の状態であり、血液の中のコレステロールなどが血中に入り込み、血管が硬いまま悪い方に進んでしまうのです。

 

動脈硬化サプリランキングへ