MENU

動脈硬化になりやすい人について

動脈硬化を調べるには、最初にコレステロール値を測ります。
これは血液検査などから判断されますが、また動脈硬化のリスクがどの程度かによって診断が行われます。
即ち、コレステロールの値が高く、リスクが動脈硬化になりやすい人のポイントになります。

 

コレステロール値の基準とは

コレステロールは2種類あり、善玉コレステロールと悪玉コレステロールに分けられます。
どちらも体を動かすために大事な働きを行います。
しかし悪玉コレステロールが善玉コレステロールの量を超えてしまうと、体に色々な不調が出てきます。
現在、コレステロール値の異常による病気は、悪玉コレステロールの数値を判断基準とされます。
悪玉コレステロール悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が140mg/dl以上、善玉コレステロール(HDLコレステロール)が40mg/dlより少ないことと、中性脂肪(トリグリセライド)が150mg/dl以上になると、脂質に問題があると判断されます。

 

悪玉コレステロール以外の危険要素

コレステロール値の他に、動脈硬化になる危険要素を調べる目安に、これ以外の危険要素を数えるという手法があります。
それは高血圧や喫煙、糖尿病(予備軍含む)、親族に心臓病患者がいるかどうか、善玉コレステロールの数値などが主なポイントになります。
また、男性は45歳以上、女性は55歳以上も危険要素とみなされます。
最近は、高血圧も高年齢の人ばかりの病とはいえなくなってきています。
メタボの治療をしている子供が減ってきてる事を考えても、コレステロールの値が高いとみなされたら、これから先の動脈硬化の見込みに気をつけましょう。
無論、喫煙者は禁煙をするように努力することが大事です。

 

 

動脈硬化サプリランキングへ