MENU

動脈硬化の管理方法とは

動脈硬化を防ぐには、血液がドロドロにならないようにすることが大事です。
血液に何かしら不要な老廃物が混ざり血流が悪くなったり、血液そのものがドロドロになってしまうのは、コレステロールの影響が大きいと言われます。
その他にも危ないとされる要因があるので、コレステロールの値をきちんと把握して自身の体調管理を行うことが大事です。

 

コレステロール値を理解

健康診断をきちんと定期的に受診している人も、コレステロールの値には関心が無いと言う人が多くいるのは事実です。
メタボなどの症状に自身が把握しているのなら、コレステロールの値に意見をされて初めて気づくこともあるでしょう。
ですが、少々数値が高めになった人も、そのままにしていると、気づかないうちに動脈硬化になる危険性があります。
コレステロールの値の判断は、悪玉コレステロールの値を中心に判断するのですが、心臓病などを発症したことがある人と、まだそのような病になったこと無い人とでは数値の見方が変わってきます。
最初に、自身のコレステロールンの値を常時気遣うことが大事ですね。

 

悪玉コレステロール値の基準について

悪玉コレステロール値の基準は、3段階に分けられます。
まず、LDL(悪玉)コレステロール値が160mg/dl未満で、その他危険因子が無い場合、動脈硬化の可能性は低いようです。
次に、LDL(悪玉)コレステロール値が140mg/dl未満で、その他危険因子が1〜2つ在る場合、レベルとしては真ん中でリスクも中くらいです。
最後に、LDL(悪玉)コレステロール値120mg/dl未満でその他危険因子が3つ以上持っている場合が一番リスクが高くなります。
これは心臓病などを発症したことがない人が基準になりますが、心情病などを発症したことがある場合、LDL(悪玉)コレステロール値が100mg/dl以上にならないように自身で管理する必要があります。
ここでいうその他危険因子とは、高血圧、喫煙、糖尿病、高齢などを指します。

 

動脈硬化サプリランキングへ