MENU

動脈硬化の治療法について

動脈硬化と診断されたら、要治療になることがあるのです。
治療法としては食事療法、運動療法、薬物療法などですが、特に薬物療法となると非常に危険な状態だと思ってください。

 

食事療法と運動療法について

メタボから高血圧や動脈硬化へ症状が悪化してしまう人は少なくはありません。
コレステロール値が動脈硬化を引き起こすか否かの判断基準にもなり、肥満に繋がる食事については改める事が大事です。
病院で治療をする必要がない人でも、食事や運動を気にすることでメタボが改善され、動脈硬化を防ぐことは可能です。
食事に至っては、タンパク質が豊富で低カロリーなメニューにする事が大事です。
普段お腹いっぱいになるまで食べていた人は、腹八分で食事を終えるようにすることも大事です。
脂質が豊富な食事をなるべく避け、たくさん噛んで食べ、間食も控えると理想的です。
ウォーキング、スイミング、ストレッチなどといった有酸素運動を日常的に継続すると、脂肪を燃焼することが可能です。
日常的には難しくても、1日おきくらいのペースで行うのもいいでしょう。

 

薬物療法について

食事療法や運動治療を行っても効果が表れない人は、薬物療法を勧められることがあります。
しかし、薬物を用いての治療は副作用が出ることもあり、子供や体が弱い人、女性には治療そのものが非常に困難になる可能性があります。
可能な限り薬物を使わない治療が行えるように、食事や運動を積極的に行うといいでしょう。
薬を服用してしばらくは、定期的に薬の効果や副作用に関しての検査が進められます。
肝臓や腎臓などにダメージが出ることもあるので、かかりつけ医としっかりと話し合って治療を行っていくことになるでしょう。

 

動脈硬化サプリランキングへ