MENU

動脈硬化の診断方法について

動脈硬化の診断を行うには、どんなことをするのか、ここで説明しましょう。

 

コレステロール値を計測する

動脈硬化は脂質異常に深い関係があります。
ですから、コレステロール値が最初の判断基準となります。
本来はコレステロール値のトータル数値が判断基準となっていましたが、今では悪玉コレステロール(LDLコレステロール)を判断基準にされます。
悪玉コレステロールは全て無くなるのは問題ですが、善玉コレステロールよりも多いと動脈硬化の危険性が上がります。
悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が140mg/dl以上との結果が出たら、動脈硬化の危険性があると思いましょう。
他にも、悪玉コレステロールの数値以前に、善玉コレステロールの値が低いのもリスクの一つです。
善玉コレステロール(HDLコレステロール)が40r/dlよりも下回っていると、要注意です。
また、中性脂肪の値から、動脈硬化の危険性が問われます。

 

コレステロール値と危険因子の数について

コレステロール値に問題ありと診断結果が出たら、加えて動脈硬化の危険因子となる項目をみましょう。
その数が多ければ多いほど、動脈硬化のリスクが高まってしまいます。
危険因子は、高血圧、喫煙者、糖尿病かその予備群、心臓疾患を発症したことがある家族がいる、男性は45歳・女性55歳以上などがそうです。
上記の項目の中の1つ持っていると動脈硬化の低いリスクがあり、2.3つだと中くらいのリスクがあるといった診断がされています。
もしも気になるようであれば、コレステロール値を正しい数値に戻し、禁煙や糖尿病などを予防することが大事です。
動脈硬化の危険性があると診断された人であっても、生活習慣や食生活を改めることで健康体になることが可能です。

 

動脈硬化サプリランキングへ