MENU

動脈硬化から生じる病

動脈硬化が進み生じる病に、心筋梗塞や脳卒中が主に挙げられます。
どちらも、血管に何かが詰まって、急に倒れてしまうような病なので、本人や家族の方もあまりの突然さに困惑します。
ですが、いずれの病も唐突に生じるのではなく、ゆっくり進んでいるのです、

 

冠動脈疾患

心筋梗塞や狭心症のことを冠動脈疾患と呼び、動脈硬化が進行して生じます。
心筋梗塞は血流が停止してしまうことで心筋細胞が死んでしまう状態で、心筋症は血流が悪化し一時的に胸の痛みなどが起こる状態です。
心筋症よりも心筋梗塞のほうが辛く重い発作が長いこと継続し、心筋梗塞になると心筋が元に戻らないという性質があります。
ですから、心筋梗塞は早急に病院で処置してもらわないと、命に関わるのです。

 

脳卒中

脳卒中は、脳血管障害をまとめて称したものです。
脳梗塞や脳出血、くも膜下出血なども、脳卒中の仲間に入ります。
脳梗塞は脳の中の血管が塞がってしまう状態で、脳出血やくも膜下出血は脳の血管が破裂する状態をいいます。
動脈硬化から塞がった血管によって、脳細胞に栄養素や酸素が運搬されなくなるため、脳細胞が死んでしまいます。
すると脳細胞が死んでしまったら人の機能は働かなくなり、命を取りとめたとしても体に麻痺が残ったり脳障害が生じたりしてしまいます。
脳の中で出血が生じると、漏れてしまった血液が周辺を壊すので、生存率さえも低下します。
めまいやくらっとするなどの症状も、脳の血管が塞がった際に生じる症状です。
いつもと違ってうまく話せなかったり、目がかすんだりと、よく原因がわからない症状が起きた際は、脳卒中を疑ってみてもいいかもしれません。

 

動脈硬化サプリランキングへ