MENU

動脈硬化とメタボについて

今では誰もが耳にしたことのあるメタボと呼ばれるメタボリックシンドローム。
メタボと耳にすると、あまりいい印象を持つことはないと思いますが、メタボは動脈硬化と関係があるのです。

 

メタボについて

メタボリックシンドロームは、肥満っぽいなというより、確実な判断基準があるのが特徴です。
体重が増えただけではメタボとはならず、内臓脂肪がどれだけあるかで、メタボかどうかが判断されます。
メタボリックシンドロームという名のメタボは、日本語訳をすると内臓脂肪症候群です。
内臓周辺に脂肪が溜まっていると、糖尿病や高血圧、高脂血症などといった生活習慣病に繋がる原因になるのです。
血圧・血糖値・脂質の中で2つ以上が基準の値を超えてしまっていると、メタボと診断されます。
メタボそのものは病ではないですが、高血圧や高脂血症などが同時に生じると、動脈硬化になりやすなります。

 

メタボになると動脈硬化が生じやすい

内臓周辺に脂肪が蓄積するのがメタボの症状になるのですが、プラス高血圧や高血糖、コレステロール増加などが加わると、動脈硬化のリスクが高まります。
もし、糖尿病や高血圧、高脂血症などの症状がなくても、多少なりとも動脈硬化の可能性となりうるのです。
加えて、動脈硬化のリスクを持っているということは、心臓病や脳卒中といったリスクも高めてしまうことになります。
動脈硬化になる多くの人がメタボであることからわかるように、とにかくメタボの診断や防ぐこと、改める努力を行うことが動脈硬化を防ぐことに繋がります。
動脈硬化を防ぐということにあまり思い至らないかもしれませんが、メタボを防ぐという言い方にすると分かりやすいと思います。

 

動脈硬化サプリランキングへ