動脈硬化 初期

MENU

【恐怖】自覚症状や兆候のない沈黙の動脈硬化!その初期症状の捉え方とは?

「動脈硬化」は、自覚症状や兆候がみられないことから「沈黙の病気」とか「沈黙の殺人者」などと呼ばれています。気付かないままに進行していき、いきなり心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こします

 

 

 

「動脈硬化の予防」には、微かな“初期症状”の捉え方を知っておくことや、定期健康診断で検査される中性脂肪やコレステロールの血中濃度に注意すること、また定期的に動脈硬化の検査をしておくことが大切です。初期症状の捉え方などについてお伝えします。

 

 

?動脈硬化が発生しやすい部位

 

「動脈硬化」は、動脈血管のあらゆる部位で発生しますが、特に血液の流れがぶつかりやすい部位であり、心臓の冠動脈や脳の動脈毛細血管や下肢(足)の動脈で起こりやすいとされています。

 

 

血管の種類と動脈硬化

私たちの全身に張り巡らされた血管は、「動脈」「静脈」「毛細血管」の3種類に分かれ、心臓から血液を全身へ送り出す血管が「動脈」です。また動脈の血管は、内膜・中膜・外膜の三層構造になっており、中膜が最も厚くて弾力性もあり、血管の強さやしなやかさを保っています。

 

 

 

動脈硬化は、これらの動脈のあらゆる部位で引き起こされますが、特に発生しやすい部位があり、また発生する部位によって動脈硬化の種類や症状が異なります。

 

 

動脈硬化の種類と発生しやすい部位

動脈硬化は、発生する原因や部位の違いによって「粥状(しゅくじょう)硬化」「中膜(ちゅうまく)硬化」「細動脈(さいどうみゃく)硬化」の3つに分類されます。

 

 

粥状硬化

「粥状硬化」は、「アテローム硬化」とも呼ばれる最も多く発生する一般的な動脈硬化です。動脈の血管壁に悪玉(LDL)コレステロールが侵入し、お粥(かゆ)状のドロドロした塊(かたまり)となる「粥腫(じゅくしゅ)」を発生してしまう動脈硬化のことです。粥腫は「アテローム「プラーク」とも呼ばれます。

 

 

 

粥状硬化は、大動脈や冠動脈や脳動脈などと太い動脈や中程度の太さの動脈血管の内膜に起こりやすい種類の動脈硬化です。比較的太めの血管内部に粥腫が形成されるため、自覚症状もなく初期症状としては分かりにくいタイプです。

 

 

 

粥腫が肥大化すると、血管内の空間を狭窄して血流悪化を招き、心臓の冠動脈で起きると狭心症となります。また粥種が破裂すると、血栓(かさぶた)が出来て血流を阻害します。心臓や脳で血栓による血流の阻害が起きると、それぞれ心筋梗塞や脳梗塞となります。

 

 

中膜硬化

「中膜硬化」は「メンケベルグ型動脈硬化」とも呼ばれ、血管の三層の中膜にカルシウムが入り込んで溜まり、石灰化されて硬くなって発生する動脈硬化です。

 

 

 

「中膜硬化」は、大動脈や下肢(足)の動脈や頸部(首)の動脈に多く発生する動脈硬化です。この中膜硬化も比較的太い動脈を中心にして起こるので、自覚症状がなく初期症状としては分かりにくいタイプです。下肢(足)に現れた場合には、冷えなどの症状から感知することもできますが、このころには初期ではなく中期以降に進行している状態だといえます。

 

 

細動脈硬化

「細動脈硬化」は、抹消にある細い動脈の毛細血管に発生する動脈硬化です。脳や腎臓や目の網膜など、極細の動脈が硬くなり脆くなって、血管が破裂したり、出血したり、詰まったりして発生します。高血圧や糖尿病を長期的に患っている人に多くみられる動脈硬化の種類です。

 

 

 

「細動脈硬化」は、抹消の毛細血管の動脈で発生するので、目の網膜に現れた場合には自覚症状も伴い感知することができますが、初期症状ではなく中期・後期症状に進化している可能性が高いといえます。

 

 

動脈硬化の初期症状の捉え方とは?

 

残念ながら、動脈硬化が進行する初期段階では、初期症状を自覚症状として捉えることは、ほとんどできません。動脈硬化の初期段階は、血管の内壁にコレステロールが粥腫や血栓となって詰まることで血流が悪化することが初期症状であって、自覚症状はありません。

 

 

中期・後期に現れる自覚症状

動脈硬化では、初期段階ではほとんど自覚症状はなく、中期から後期に入ってようやく脳・心臓・下肢(足)の3ヵ所に症状となって現れます。つまり自覚症状が現れるということは、動脈硬がかなり進行して状態だといえます。

 

 

動脈硬化が脳で進行した時の自覚症状
  • 手足の力が抜けてだるくなる
  • 手足が痺れてくる
  • めまいやふらつきや頭痛が起きる
  • ろれつが回らなくてしゃべりにくくなる

 

動脈硬化が心臓で進行した時の自覚症状
  • 階段の昇り降りの際に動悸がする
  • 重い荷物などを持つと息苦しくなる

 

動脈硬化が下肢(足)で進行した時の自覚症状
  • 足が冷えやすくなる
  • 歩く時に太ももの裏側やふくらはぎに痛みを感じる
  • 足を引きずって歩くようになる
  • ちょっとした衝撃で傷ができやすく、化膿しても治りにくい

 

定期健康診断で初期症状を察知する

 

 

 

動脈硬化の自覚症状はほとんどみられないことから初期症状を察知することは非常に困難です。そこで毎年1回の受診が義務づけされている定期健康診断の検査結果から、動脈硬化の初期症状を察知することが大切です。

 

 

中性脂肪とコレステロールの血中濃度測定

定期健康診断の必須検査項目の中に、「血清脂質値検査」があります。「悪玉(LDL)コレステロール」「善玉HDL)コレステロール」「トリグリセド(中性脂肪)」の血中濃度が測定されます。

 

 

 

健康体での「血清脂質値検査」の基準値は、『悪玉(LDL)コレステロールが140mmHg未満』『善玉(HDL)コレステロールが40mmHg以上』『トリグリセライド(中性脂肪)が150mmHg未満』です。

 

 

 

この3つの基準値のうち、どれかひとつがその範囲を超えた場合に脂質異常症と診断されます。脂質異常症になると血流がドロドロになって血管の健康状態が悪化する可能性を疑う必要があります。動脈硬化の早期症状を知って予防するためには、定期健康診断の「血清脂質値検査」の結果が重要です。

 

 

定期的な動脈硬化検査で初期症状を察知する

 

 

 

動脈硬化の進行状態を検査するには、「血管年齢検査」「頸動脈エコー検査」「脳のMRI検査」「心臓CTスキャン検査」などが有効とされています。これらの検査を専門機関で定期的に行なうことで、動脈硬化の進行を早期段階で察知することができます。

 

 

血管年齢検査

「血管年齢検査」では動脈硬化の進行状態を簡単に調べられます。血管年齢は、血管の硬直度や柔軟性を調べることで算出され、血管年齢が若いほど血管が健康に保たれているといえます。

 

 

 

血管年齢の検査方法には「加速度脈拍計検査」と「脈波加速度計検査」とがあります。加速度脈拍計では、指に血流が流れる脈の波形を調べて、血管年齢を調べます。脈波加速度計では、心電図測定と同じように手首・足首の血流を調べて血管年齢を算出します。

 

 

頸動脈エコー検査

「頸動脈エコー検査」では、首にある頸動脈頸動脈の血管の中を超音波で調べ、血管に溜まったコレステロール量を検査して、粥腫硬化(アテローム性動脈硬化)の状態が分かります。

 

 

 

粥腫(アテローム)硬化は、血管内壁に溜まったコレステロールでできた粥腫(プラーク)が血液の流れを悪くし、さらに粥腫にできた血栓(かさぶた)剥がれて流され、細い動脈に詰まると脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こします。

 

 

脳のMRI検査

「脳のMRI検査」では、脳の深部に及ぶ毛細血管の詰りや動脈瘤の有無などの状態まで調べることができます。脳の細い血管の狭窄や閉塞は、脳梗塞や脳出血を起こし、認知症やパーキンソン病にも発展します。

 

 

心臓のCTスキャン検査

「心臓のCTスキャン検査」では、心臓に血液を送る冠動脈の動脈硬化の進行状態を調べます。脳とは違って心臓の検査では、精度がかなり向上したCTスキャンでも、検査費用も安く毛細血管まで十分に検査することが可能です。心臓の動脈硬化は心筋梗塞や狭心症を引き起こします。

 

 

まとめ

「動脈硬化」においては、その進行状態において初期の段階では自覚症状がないことが特徴です。自覚症状を感じるようになった時には、すでに中期後半から後期に突入している可能性が高くなります。早期症状を察知するためには、定期健康診断での「血清脂質値検査」が参考になり、また定期的な動脈硬化の検査の受診がオススメです。

動脈硬化サプリランキングへ